黒ずみのメカニズムにアプローチするアットベリー

ずっと毛におおわれていた部分は、脱毛によって毛がなくなります。

よって、人は黒ずみが気になるのだと思います。特に自己処理が頻繁になるワキは、暖かくなってくると露出も増えてくるので、余計に気になると思います。

黒ずみの主な原因は、カミソリによる自己処理の積み重ねだと言われています。

頻繁にカミソリをあてることにより、皮膚が炎症をおこします。

すると、皮膚を守ろうと角質がどんどん分厚くなっていきます。何度も刺激をあたえることにより、メラニン形成と過剰角化が進んでしまい、黒く分厚い皮膚になってしまうというわけです。

では、そんな黒ずみにアットベリーがなぜ効果的なのか?それには3つのポイントがあります。

その①「皮膚の内側から潤い補給」…間違った自己処理や、日々の生活で受ける刺激によって皮膚はどんどんストレスをためます。

すると、どんどん乾燥していくわけですが、この乾燥が進むことにより、皮膚はどんどん分厚くなっていきます。

しかし、このアットベリーは、角質層までグングン美容成分が入っていくのです。そして、内側から肌をやわらかくしていきます。

その②「でも表面の乾燥も気にならない」…せっかく内側が潤っても、表面が乾燥してはまた同じことの繰りかえしでは?と、思う人もいらっしゃると思いますが、アットベリーなら大丈夫。

高分子のヒアルロン酸をあえて大きな粒にしてあるので、皮膚の表面でとどめておくことができます。

よって、アットベリー1つで、皮膚の内側も表面も両方同時に潤うというわけです。こんな願ったりかなったりの商品なんてないと思ってたので、本当にびっくりですよね。

その③「美容成分は入れたら逃がさない!」…もちろん保湿力もバッチリ!高保湿で、しっかり刺激から肌を守ります。

1つで3つの役割を果たすんですから、効果がないわけないですよね。